• 最短翌営業日~出荷 お届け後7日間返品OK!
  • 全国送料無料!<3,980円以上ご購入時>※北海道・沖縄は除く

アウトドアブランドのセレクトショップSORA(ソラ)

アウトドアブランドのセレクトショップSORA(ソラ)

SORA スタッフ 照屋さんのレビュー

27件中 1-10件表示
1 2 3
  • 投稿日
    グランヴィルシリーズの小型ボディバッグです。 173cmの私で、ストラップをMAXに伸ばして本体が背中の腰上あたりにきます。 容量は、500mlのペットボトルは入りますが他のモノが入る余裕はなし、どちらかというと財布・携帯・鍵などの小物類を持ち歩くのに向いているかと思います。 内側にはジップポケットがあり。 ストラップが細いので、ベルトループに通してウエストバッグとし使用する際も装着しやすいかと思います。 防水ジップ、裏側はシームテープ処理で表地は「耐久撥水」仕上げと水には強いBAGです。
  • 投稿日
    173cm 73kg でMサイズがベスト。 この商品のロングパンツもMサイズを購入。 仕様や構造は全く同じです。気になる裾の丈感は膝が隠れるくらいでウエストも余裕があり、少しベルトを引っ張ればジャストサイズ。 シルエットも細くもなく、ワイド過ぎず、他のショーツにはない絶妙なサイズ感だなと履いてみて思いました。 ショーツを履くのはちょっと恥ずかしい、苦手だなという方にもおススメな商品です。
  • 投稿日
    173cm 73kg Mサイズ購入 サイズ感ですが、私は裾を折る必要もなくちょうど良い丈感。 ウエストは、調整可能なベルトがあるので問題なく履く事が出来ました。 ベルトのデザインというか仕様が変わっており、ポケット内部に貫通しています。 この利点はベルトが、所在ない感じで「だらん」とする事なく、見た目にもスッキリ。 ポケットに手を入れながらベルトをこそっと調整できるあたりも面白い。 生地はポリエステル80%、コットン20%が混ざっており、夏場の暑い時期でも肌当たりは不快感なく履けました。 洗濯しても乾きも早く、シワもなし。 言う事なしのパンツです。
  • 投稿日
    173cm 73kg Mサイズ サイズ感ですが、丈は膝上に少しかかるくらいです。 前開きがなく、ウエストはベルトで調整可能。 そのまま水中に入っても、ポケット内側は一部メッシュになっているので水が溜まる事なく抜けます。 生地も伸縮性があるので、様々な動きにスムーズに対応。 一番の押しポイントは、ジップポケットの「深さ」(28cm程)。 ペットボトルの500mlも縦に入れる事が出来て、横付けなので邪魔にもならないです。 山に登る際は地図など、川ではゴーグルやバーベキューで使う道具など。 是非、ライフスタイルに応じてポケットの使い方を楽しんでもらえれば!
  • 投稿日
    173cm 73kg Lサイズがベスト。 パタゴニアのコットンTだとMサイズ着用していますが、こちらの商品だとLサイズでピッタリでした。いわゆる「スリムフィット」 ウール100%ではなく、65%ウールとポリエステル35%。 「吸湿発散性と速乾性を備え、天然の温度調節機能と防臭効果を発揮するソフトで快適な肌触りの混紡素材」(メーカーサイトから引用) 着用した感想としては、天然繊維と化学繊維のいいとこどり。 ただ生地がかなり薄いので、私は街着でインナーとして着る事が多いです。
  • 投稿日
    173cm 73kg XL着用 サイズ感ですが袖は7分くらい、丈は短かったです。 裾がラウンドしており着ているうちに丸まってきます。 通常のカットソーのLくらいのサイズ感。 ちなみにXXLまでサイズあります。 XLを着てみて思いましたが、今の気分的には丈を長く着たいので、買うならXXLサイズですね。
  • 投稿日
    173cm 73kg Mサイズがベスト。 サイズ感ですが、丈は膝にかからないくらい、ウエストは余裕があるので紐で絞って調整しています。 裏地はコットン100%素材のフレンチテリー、ループ織りの部分の肌当たりがとても気持ち良いです。 使用されているコットンは「ROC」(Rリジェネラティブ・Oオーガニック・Cサーティフィケーション) パタゴニアが「気候変動への解決策」として注目するRO農法で作られたコットンの事を指します。 そこで作られたコットンが、着る人達の肌や働いている農家の人達の労働環境、最終的には地球環境へと寄与する。 そんな背景を踏まえた商品なのだと意識すると、襟を正される思いです。 ただそんな事を知らなくても、履きやすくとても良い商品です。
  • 投稿日
    173cm 73kg 。 Lサイズ着用で身幅・肩共にサイズ感に少し余裕がありました。 吸水速乾素材の「COOL MAX Eco Made」で作られたポロシャツ。 実は、使用済みペットボトル資源をリサイクルして作られた素材なのです。 そう聞くと肌当たりが少し不安ですが、コットンを含んでいるので、着心地は問題ないです。表地は鹿の子特有の凹凸ですが、裏地はツルっとしています。 前ボタンを一番上まで閉じても首の窮屈さは感じないくらい余裕はありました。 Tシャツだと物足りない、襟とボタンが欲しい、そんな時はこちらをおススメします。
  • 投稿日
    173cm 73kg サイズ L (EUROサイズの場合)XL (JAPANサイズの場合)着用。 メーカータグで適応身長は175cm~185cmと書かれていますが、着丈・袖丈のサイズ感はちょうど良かったです。 ただ肩幅がある人は、肩回りのパターンが変則的で人によりフィット感が合う・合わないが出てきそうなので試着をおすすめします。 生地自体が「しなやか」で、見た目的にも様々なコーディネートに合わせやすいです。 ZIPポケットの内側がメッシュになっているので、ベンチレーション機能も兼ねています。 「異次元の快適さを備えた高機能防水ウエア」とうたうだけあり、耐水圧は20,000mm。 一般的には登山や嵐に耐えられる数値とされています。 ちなみに普通の傘でだいたい250mmと言われているので、かなり高い数値です。 ミレー大定番のウエア、おススメの1着です。
  • 投稿日
    はじめて見た時はシンプルなよく見る形のバッグだなと。 ただ購入するにあたって背負い心地や、ポケットの仕様、ノートパソコンの収納具合などを細かく見ていくうちに、BAG専業ブランドならではの背負う人の事を考えた視点が満載でした。 まず背負い心地、本体が下にずり落ちすぎないように調整ベルトが上と下にあり、キュッと締める事でなるべく背中の腰上あたりで収まるように設計されています。 なので、歩いていてもBAG本体のブレが少なく、最初は違和感を覚えましたが、だんだんと背負い心地の良さを実感するようになりました。 また両サイドのポケット、形と用途が違い、片方のZIP付きポケットは、開閉がスムーズで背負いながら、ICOCAや小銭入れを取り出せる点はとても便利でした。 背面もあまり見た事のない作りで、背中が一番接地する部分が「メッシュ」になっています。夏になると汗でべたつきが気になりますが、いくばくかは軽減されそうです。 一番気になった点は、ショルダーハーネスの回転式「バックル」の位置。 通常のBAGはハーネス下ですが、さらに下のベルトの根本に装着(写真あり)。 なぜその位置なのか?なぜ回転するのか?色々と考えてみたのですが、分からなかった為メーカーの方に聞いてみました。 結果、「肩幅」「身幅」人により体型は様々、色々な体型の人がいる中で如何に包み込むように背負えて、ショルダーハーネスを適切な正しい位置に持ってくる事が出来るか。 その解決方法として、固定ではなく背負う角度により回転出来るバックルが選択されたようです。 是非一度、背負って頂ければ実感して頂けるかと思います。 『背負う』という事に関して改めて考えさせられたリュックでした。 2024年、おススメの商品のひとつです。
27件中 1-10件表示
1 2 3