• 最短翌営業日~出荷 お届け後7日間返品OK!
  • 全国送料無料!<3,980円以上ご購入時>※一部離島は除く

アウトドアブランドのセレクトショップSORA(ソラ)

みなさんこんにちは!

お久しぶりのコラムでございます。

 

私の住む北海道は、一部のルールを除くと、基本的には一年中

トラウト(マス類)を渓流や湖、海で狙う事のできるフィールドです。

私自身も、コラムをしばらく書いていない間、何度も釣りに行っておりました。

 

そこで今回のコラムでは、

真冬のトラウトフィッシング “

というお題目で、近頃の釣行をまとめて書いていこうと思います。

お時間あれば是非ご覧ください。

 

 

 

まず最初のフィールドは、『』です!

 

 

使用するタックルはこちら

ロッド→11フィート(3メートル少々)

リール→4000番スピニングリール(シマノ)

長いロッドと大きなリールを用意。

とにかく大物狙いである事、そして広い海がフィールドとなるので、

ルアーを投げた時の飛距離が重要になる釣り。

 

ターゲットはこのお魚

海アメマス。通称海アメ

海で育った魚なだけあって、平均サイズが大きい。そのため、

上記のような長くて丈夫な竿が必要なのです。

 

島牧村(しままきむら)にお邪魔しました。

海アメ釣りの聖地とも呼ばれるこの地域。

 

まず、数あるポイントの中でも特にアングラーたちから根強い人気を誇る、

通称『18番』と呼ばれている

” 江の島海岸 “から釣りスタート!

 

私も年に2〜3回は海アメを狙いに行くのですが、、、

まぁ、全然釣れない。まじ修行

 

しかし、今年は運良く” ホッケ “がヒット!

幸いにもボウズ(釣果ゼロ)は免れました。

あいにく、まだ一度も海アメを釣った事がない。

それだけハードな釣りを強いられる訳ですが、

何度も通ってしまいたくなる、不思議な魅力を持った釣りです。

 

 

お次は

 

 

『湖』を舞台にした釣り!

訪れた場所は 洞爺湖

道外にお住まいの方々も一度はこの名前を聞いた事があるはず。

観光地として非常に有名かもしれませんね。

しかし、実は釣り人にとっても大変人気の地域なのです。

 

面積約72㎢、周囲約50キロのカルデラ湖。

カルデラ湖としては日本で3番目の大きさ。

 

湖のちょうど真ん中に浮かぶ『中島

観光船が行き来していて、観光目的で島に足を運ぶ事もできます。

 

話を釣りに戻します。洞爺湖もなかなか

まじ修行。全然釣れないじゃん

が当たり前に起こり得るポイントです。

 

⚠︎洞爺湖で釣りをする際『遊魚券』を購入する

決まり事があります。

加えて、『禁漁期間』も設けられています。

釣りに行く際は事前に調べ、レギュレーションをしっかり守りましょう!

 

 

よく一緒に釣りに行く友人です。

私と同じく、『Patagonia愛が止まらない』

人物です。まさに、” 類は友を呼ぶ “。

 

ちなみにこの日は大雪が降りました。

そして、ボウズくらいました。

 

『辛い。帰りたい。もうこんな釣れないとこ来てやるもんか』

幾度となくそう思うのですが、それでも数日後にはまた来たくなる。

釣り人の性ってやつですね。

 

 

 

自然が創り出す造形美。

こういった些細なことでも釣り人は癒されるものです。

この素晴らしい自然環境に身を置きたい。

そして、湖のどこかに潜むモンスタークラスのトラウトをいつか必ず釣ってやる!

間違いなく、再び修行しに行く事でしょう!

 

 

最後はコチラ

 

 

一番大好きなフィールド渓流です!

森の中を優雅に流れる川で釣りをする事がやっぱり一番すき。

 

今回の釣行を共にした友人。

釣り支度をしてる時も幸せ感じる瞬間。

 

ちなみに、この方ももちろん、

” Patagonia愛が止まらない “

人物です。しつこいようですが、

類は友を呼ぶ。ですね!

 

本来であれば、冬の川は凍ってしまったり、低い水温が原因で魚の活性が下がるもの。

しかし、『湧水河川』だと湧き水の恩恵で

水温が年中安定。川が凍る事はありません。

魚の活性も比較的高いのも特徴。

 

川辺を歩いてると、こんなものが。

 

鹿の死骸です。

 

他の野生生物に殺されたのか、

死体になったあとにイタズラされたのか、

どちらかは分かりません。

北海道といえども頻繁にはお目にかかれない貴重な光景に遭遇しました。

 

 

釣れました!

ブラウントラウトです。

サイズこそ小さいですが、真冬の渓流という厳しいコンディションである事を考慮すると

大満足の結果です。

 

優しくリリース

 

友人はもっと大きなブラウントラウトを釣りました!

40センチ以上ある個体です。

 

ルアーを丸呑み!

ちなみにブラウンを狙う際、大きいサイズのルアーが有効である傾向が強く、

開始序盤はその様なルアーを投げていました。

しかし全然アタリがない。。。

そこで、途中から小さいサイズのルアーに変えたところ、ドカンと大物が釣れたのです。

いやぁ、釣りは奥が深い。

改めてそう思わされた瞬間でもありました。

 

 

 

いかがでしたか?

釣りは素晴らしいアウトドアアクティビティ。

ですが、釣りをするからには多少の責任も伴います。

 

決して、魚や自然への敬意を忘れてはいけません。

ゴミの投棄はもちろんのこと、

魚のパーフェクトリリースも意識したいです。

(リリースは強制ではありませんが)

 

みんなでルールを守り、楽しく快適なフィッシングライフが続く事を願っています。

 

ここまでの長文をお読みいただきありがとうございました!

 

SORAスタッフによる

\ リアルなフィールド遊びを配信中!/

 


 SORA ONLINE STORE
instagram youtube line

 

▼ スタッフおすすめスタイリング

▼ スタッフのリアルな体験コラム

▼ 新着商品